コンサート行ってきました。

ハイドンのピアノ三重奏曲第15番 ト長調

ドヴォルザーク ソナチネ ト長調

ベートーヴェン 二重奏曲 ハ長調

その他

 

コンサートはフルートとチェロとピアノで演奏されました。

 

ハイドン・ドヴォルザーク・ベートーヴェン。

知らない人はいないですよね。

 

ハイドンは「 交響曲の父 」として知られていますが、モーツアルトやベートーヴェンの師でもあります。

 

ハイドンの交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノ・ソナタ、ピアノ三重奏曲で演奏される楽器はピアノ・ヴァイオリン・

フルート・チェロと指定されているんです。

 

今回のコンサートでピアノを演奏されたのは日本人の村田千佳さん。

この方のピアノ演奏は世界的にも認められているので、聴く前から期待感などから胸がワクワクですよ。

 

ハイドンのピアノ三重奏曲第15番 ト長調

第1楽章 アレグロ

第2楽章 アンダンテ

 

軽快な曲からはじまり、アンダンテと歩く速度という意味をもつ曲へと変わります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes