まっすぐに 鏡を見るだけではだめ

たるみを実際に見てみるには、単にまっすぐに
鏡を見るだけではだめです。

たるみは下がっていくものなので、
顔を下に向けた状態の時に、
どうなっているかが大事です。

上を向いているときには、大抵は、
それほど、気にならないたるみも、
下を向けば、皮膚がたぷんとしたり、
何となく筋肉が下向きなのが分かったりします。

そんな状態を鏡で見てみるのがいいですね。
鏡を使いながら、上手に顔の状態を
観察し、それを参考に、たるみ具合を見ていきたいです。

たるみ具合は、鏡ででないと、確認できませんね。
目で見つつ、肌の下がり具合を観察したいです。

たるみがひどい時は、普通に鏡を見るだけで、
分かるので、そうなる前に、対処したいです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes