Category: 未分類

ファスティング前後の生活での注意事項

ファスティングは思い立った時に始めてしまうと、体にかかる負担が大きくなり体調を崩す可能性が高くなってしまいます。ファスティングの前後にはいつも食べている食事をやめて、準備期間用のメニューに変える必要があります。満足な食事がとれなくなるからといって、前日に好きな物を大量に食べてしまうと、デトックス効果が十分に発揮できなくなったり、頭痛や眠気などの好転反応が強く出てしまうことがあるので気を付けましょう。

ファスティング準備期間に最適な食材は「まごわやさしい」です。これは、食材の頭文字を取って作られた言葉になり、豆類・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋を意味します。豆類では納豆、豆腐などの大豆食品、小豆、黒豆などの食材を選びます。ごまは白ごまや黒ごまだけでなく、ピーナッツやくるみ、アーモンドなどのナッツ類も含まれます。わかめは海藻類全般の事で、こんぶやひじき、海苔、もずくなどです。野菜はトマトやピーマン、ほうれん草といった緑黄色野菜と、キュウリやキャベツなどの淡色野菜をバランスよく食べて、体に必要なビタミンとミネラルをしっかり吸収しておきます。

メインの料理は肉よりも魚を選び、DHAとEPAが豊富なイワシやサバなどの青魚や抗酸化成分のアスタキサンチンが含まれている鮭などを食べるようにします。そしてしいたけやエリンギ、マッシュルームなどのキノコ類は食物繊維が豊富でカロリーが少ないので、ダイエットにも適した食材です。芋類では、じゃがいもやさつまいも、山芋などを食事に取り入れます。

この「まごわやさしい」の食材をベースにして、ファスティング前後の食事作りをします。準備と復食に必要な日数は、ファスティングをする日数と同じ期間です。ファスティングを2日間行う時は、2日前から準備食に変えて、終わった後は2日の復食期間後に通常の食事に戻します。

特にファスティングの直前直後の食事は胃腸の負担を軽くするために、おかゆやスープなど消化しやすい物を食べるようにしましょう。

カタツムリエキスを使ったフェイシャルエステ

エステサロンの「シーズ・ラボ」には普通のエステには無い、なんとも個性的なエステのコースがあります。シャンパンを使ったバスに浸かりながらシャンパンをかけてもらうコースや、顔や身体に金箔を貼り付けるコースなどがあります。

その中でも注目なのが「セレブエスカルゴコース」です。その名の通り、カタツムリから採取したエキスを使ったフェイシャルエステなんです。エスカルゴエキス(カタツムリエキス)はここ数年の間に日本でも有名になり、美容に取り入れる人が多くなってきています。

エスカルゴエキスは細胞修復効果が高く、古い角質を除去してくれる働き、傷を修復したり日焼けを沈静させてくれる働き、そして保湿する働きなどがあります。肌を美しくしてくれるのにバツグンのエキスという訳です。

そんなエスカルゴエキスでもオーガニックのものをボトル一本、たっぷり肌の奥深くへ注入していきます。奥深くへ浸透させるためには針を使った方法がよく用いられますが、シーズ・ラボでは特殊なマシンを使った「メガ導入」によって施術を行います。

メガ導入がどういうものかというと、電気の作用によって肌に一時的に孔を開ける事によって成分を浸透させていくというものです。針を刺さずにやるからといってその効果が低いという訳ではなく、イオン導入の18倍、そして手で塗ったときの72倍の効果があるんです。針を刺すと少なからず肌表面に傷が出来てしまうのですが、そのような心配がないので安心です。

また、メガ導入の際に一緒に純度の高いコラーゲン成分も導入するので、1回やっただけでもハリのある、ふっくらした肌になると評判です。

フェイシャルエステの効果を高めるために、デコルテ、肩、首、顔のマッサージも行っていきます。このときもエスカルゴエキスを使用します。これにより血流が良くなるのでさらに効果が高まります。そして仕上げにオリジナルの引き締めパックをして、エスカルゴエキスをたっぷりお肌に封じ込めることができるので、効果がより持続します。

お値段は60分で23,000円と少々お高めではありますが、1回でも充分な効果を期待することができるので一度試してみる価値はありますよ!

・大阪のキャビテーション・痩身エステ完全ガイド※梅田・難波など

毛質を知って脱毛効果を実感する

毛といっても毛質は人それぞれですよね。
細い人もいれば太くて硬い人もいます。
ですから、早くムダ毛とさよならしたいと思っていても
自分がどんな毛質なのかで脱毛期間も変わってくるようですよ。

そして性別でも毛の質は分かれるようです。
主に女性の毛は男性よりも柔らかく細いと言われ
男性の毛は女性の毛よりも太く濃くしっかりしているのが特徴のようです。

男女の毛質の違いをみると、個人差があるものの
男性の方がしっかりした毛質になりますから、
脱毛期間や脱毛時の痛みの感想は女性と違うことも
あるでしょう。

ですから、脱毛体験クチコミを参考にする場合は
男性は男性の口コミ、女性は女性の口コミを参考にした方がいいですね。

今はカップルで脱毛を楽しむこともあるようですが
彼女は痛くないって言っていたけど、
なぜ俺だけが痛い。。。
なんて思う人もいるかもしれませんから。。。

では、毛質が違うと脱毛効果も違ってくるのか?
なんて思う人もいるかもしれませんね。

脱毛方法は一つではなく、どんな脱毛をするのか
またどんな場所で受けるのか?
で脱毛効果の実感度が違ってくると言われています。

毛質がどうであれ、多くの人が脱毛サロン、クリニック脱毛で
はっきりと永久とはいえませんが、ほとんど生えてこなくなる
または非常に毛が薄くなた、まばらになったなど
脱毛効果を実感している人は多くいます。

しかしながら、その脱毛を実感する期間が遅いか早いかの違いがあり
なかなかムダ毛とさよならできず
あきらめて断念してしまう人もいるようです。

毛は毛質そして生えてくる周期もありますし、
目に見えている毛だけが全ての毛ではなく
皮膚の下にはこれから生えてこようとしている毛もありますので
ムダ毛と綺麗にさよならするには時間がかかるのが現実です。

脱毛の方法ですが、光の脱毛によるフラッシュ脱毛と
医療レーザー脱毛、ニードル脱毛があります。
光の脱毛は、脱毛可能範囲が広いことが特徴です。
また短時間ですみ、個人差はありますが痛みも無痛もしくは軽いようです。

ニードル脱毛は針を使った脱毛になります。
一つ一つの毛穴にアプローチしますから
時間がかかり、1回の脱毛範囲も狭くなります。
また、施術者にちゃんとした技術がないとトラブルも起きやすいようです。

始めて脱毛するときは
脱毛サロンにするのかクリニックにするのか?
どんな種類の脱毛にするのか、迷うと思いますが
そんな場合はどんな疑問もカウンセリングで聞いてみましょう。

脱毛は1回では終わりませんので、
快適に通うことができる脱毛場所、脱毛方法を考えてみましょう。

2009年、薬事法の改正前までは、医薬品を販売するための薬剤師資格所持者が必要でした。

ですから全国展開のドラッグストアチェーンが急増したころには薬剤師不足が生じていました。
しかし、
2009年、薬事法の改正により、それまで薬剤師の専権事項だった医薬品の販売業務の一部が、「登録販売者」という資格の所持者にも認められるようになり、現状は変わりました。
「薬剤師」になるというのは大変な道のりです。まず「薬学部」入学と言うのも容易いものではありません。そしてこの薬学部も6年生になり4年生から5年生になる進級時には共用試験があります。これに合格しなければ進級は出来ないのです。そして薬剤師国家試験に合格してやっと「薬剤師」です。
しかし「登録販売者」という資格は一年以上の実務経験を要求され、試験を受けて合格したものに与えられます。
もちろん容易いものではありませんが薬剤師の国家資格に比べれば遥かに簡単に取得できます。
ですから一昔前、全国展開のドラッグストアチェーンが急増し薬剤師の人気が急騰した頃に比べると薬剤師の求人はべら棒に多いわけではありませんが理系諸学部の中で比較すれば薬学部出身者の就職が圧倒的に有利です。
しかし、現実六年生であること・学費が非常に高いことなどを考えると
引く手あまたとまでいえる職業かどうかは微妙です。

ピアノと私

ピアノと出会ったのは私が幼稚園に入ってから親の影響で習い始めたのがきっかけでした。
両親ともに音楽が大好きで、自分も親両親の希望で幼い頃からピアノを習い始めました。
習い始めた時の記憶は所々のうる覚えではありますが、とにかく練習が嫌で嫌で仕方なく、先生に毎回「また練習してきてないな?」と怒られていたのを覚えています。
小学校に入学してからは習い事がピアノだけでなく、地域の少年サッカーチームに入り、ピアノそっちのけで体を動かすことのほうに楽しさを覚え、ますます練習しなくなりました。
そのときは気づかなかったのですが、ピアノをやめることはなかったのが今となっては良かったと思っています。
中学校に入り、通っていた学校は部活動に必ず入らなければならない決まりがあり、サッカー部か吹奏楽部という正反対の部活で悩み、吹奏楽部に決めました。
吹奏楽部にピアノのパートはなかったのでパーカッション(打楽器)パートを選択し、毎日太鼓を叩きながら過ごしていました。
高校に入ってからはバンドを覚え、中学校の打楽器先攻を活かし、ドラムを担当して音楽活動をしていました。
この中学校に入学してからから大学を卒業するまでの10年間は全くと行っていい程ピアノと向き合うことはありませんでした。
ですが、社会人として仕事を始めてから、ふとピアノが弾きたくて弾きたくてしょうがない気持ちになった事を覚えています。
小さい頃に覚えた練習曲、なんども先生に怒られながら弾けるようになった楽曲が、間違えはするものの楽譜を見ないで弾けたとき、何とも言えない不思議な感情が湧き出てきました。
あぁ、ピアノを弾くってこんなに楽しいものだったんだと、初めて感じることが出来た瞬間でした。
練習は今でも嫌いというのは変わらないのですが、幼い頃に感じていた嫌いとは少々違った気持ち、自分からこの曲が弾きたいという気持ちがあることで、自然と集中出来てしまう感覚。
小学生の時の発表会以来で兄弟の結婚式での人前でピアノを弾いたとき、兄弟と、そのパートナーが嬉しそうに涙を流して喜んでくれたとき、本当にピアノを弾けて良かったと実感しました。
もちろんミュージシャンの様に何でも弾けてしまう様なスキルはありませんが、今でも仕事の休みの時に時々ピアノの前に座って、練習曲ソナチネを誰もいない部屋で、カーテンの隙間からこぼれる光りが静かにこぼれるなか弾いている時間は幼い頃の自分の陰と、仕事に追われている今の自分との間を静かに包んでくれる魔法だと実感しています。

 

 

まっすぐに 鏡を見るだけではだめ

たるみを実際に見てみるには、単にまっすぐに
鏡を見るだけではだめです。

たるみは下がっていくものなので、
顔を下に向けた状態の時に、
どうなっているかが大事です。

上を向いているときには、大抵は、
それほど、気にならないたるみも、
下を向けば、皮膚がたぷんとしたり、
何となく筋肉が下向きなのが分かったりします。

そんな状態を鏡で見てみるのがいいですね。
鏡を使いながら、上手に顔の状態を
観察し、それを参考に、たるみ具合を見ていきたいです。

たるみ具合は、鏡ででないと、確認できませんね。
目で見つつ、肌の下がり具合を観察したいです。

たるみがひどい時は、普通に鏡を見るだけで、
分かるので、そうなる前に、対処したいです。

アメリカのセレブの間から広まり、2006年7月に日本上陸しました。

それからと言うもの、ビーグレンの人気は維持されています。何故こんなにも日本でも人気が高いのでしょうか。
日本人が一番懸念することは外国から入ってきたものが肌質の違う日本人に合うかどうかと言うことです。
この質問には日本人であっても肌質と言うのは一人一人違います。ただビーグレンを使用される方が年々増えてきている実態から見ても効果は折り紙つきだと思われます。
なぜこんなにも人気が高まっているのでしょうか。
まず口コミを見ても ビーグレンの化粧品を
使った人の評判も良く「使った次の日の朝は化粧のノリが違う」
「じわっと肌に染みこむような感じがする」
「ベタベタしないので使いやすい」など良い手ごたえを感じます。
高評価であればリピート率も上がります。
また

ビーグレンは「ドクターズコスメ」と言われる化粧品です。このドクターズコスメは様々な検証の上、効果があるとされた成分が独自に配合されている化粧品です。
そしてビーグレンの化粧品は浸透率が高い化粧品と言う事で、肌の奥にまで有効成分がしっかりと染みこんでいきます。
この効果が使用されて方の気持ちを魅了していることでしょう。

コンサート行ってきました。

ハイドンのピアノ三重奏曲第15番 ト長調

ドヴォルザーク ソナチネ ト長調

ベートーヴェン 二重奏曲 ハ長調

その他

 

コンサートはフルートとチェロとピアノで演奏されました。

 

ハイドン・ドヴォルザーク・ベートーヴェン。

知らない人はいないですよね。

 

ハイドンは「 交響曲の父 」として知られていますが、モーツアルトやベートーヴェンの師でもあります。

 

ハイドンの交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノ・ソナタ、ピアノ三重奏曲で演奏される楽器はピアノ・ヴァイオリン・

フルート・チェロと指定されているんです。

 

今回のコンサートでピアノを演奏されたのは日本人の村田千佳さん。

この方のピアノ演奏は世界的にも認められているので、聴く前から期待感などから胸がワクワクですよ。

 

ハイドンのピアノ三重奏曲第15番 ト長調

第1楽章 アレグロ

第2楽章 アンダンテ

 

軽快な曲からはじまり、アンダンテと歩く速度という意味をもつ曲へと変わります。

家の売却は最初で最後的なものではないでしょうか。

生涯に何度も経験することではありません。初めての方が普通でしょう。
その理由には転勤・離婚・リストラ…人それぞれに様々な理由を持ってでしょう。
購入するときも大きな決断だったことでしょう。それを売却するのです。悩んだ挙句のことでしょう。

家を売却する時の手続きや注意事項があります。その専門的なことを知っている方は一般人にはいないことでしょう。どうしても不動産業者の手が必要になります。
しかし、専門的な言葉なども耳になってこないのが初めてのことです。ですから不動産業者の方に「YES」しか言っていなかったと言う事になりかねません。

不動産業者もいい方ばかりではありません。もしかしたら自分の成績ばかり気にしているかもしれません。上手く丸め込まれて結果損をしてしまうことになるかもしれません。
まずは情報を収集することです。
知らなければ意味されることを理解できません。しかし知識があれば対応できることもあります。
インターネットから様々な情報を入手できます。そこで予備知識を取り入れましょう。
相談する内容はピックアップしましょう。
高く売りたいのは山々でしょう。しかし、売却にはタイミングがあります。妥協できるラインを線引きしておきましょう。その旨も不動産業者に伝えておきましょう。

 

勤務医

医師としてお金を儲けるという手段には二通りあります。
まずは大きな病院の勤務医となり出世をする方法です。
しかしこの道も険しいものです。いくら実力があろうとも自力で這い上がっていけば頂点に立てる現場ではありません。テレビ番組の中のような派閥の中での立ち位置がものをいうのです。縁故も必要です。どの派閥に属するかで出世の道も分かれます。
二つ目は
医者の子に生まれて、実家の病院を継ぐと言う方法です。この場合は基盤もできていますから自分の腕を磨けば経営も安泰です。
しかしこのような境遇にいる人ばかりではありません。
自分が儲かる医師になりたいのであれば一生懸命勤務医をし開業資金を貯めて開業することです。この勤務医の時に人脈を整えるのも大事です。そこでの評判が良ければ開業した時に患者さんは集まります。
日本は医師の実質的な世襲化と言うのは続いています。なかなか一代で大病院の院長になったという話は聞かないものです。院長に気に入られて一人娘の婿養子になるという方法も出世に道として考えるのも悪いことではありません。
しかしこの逆玉の輿に収まるのは夢のような話でしょう。
つまり現実、儲かる医師と言うのはそうは多くないというのが現状でしょうか。

WordPress Themes